障がい者雇用賃金が上がらない5つの理由

求職者の障がい者雇用

障がい者雇用は障がい者に対して配慮してもらいながら
仕事が出来る事がメリットではありますが
配慮がある分、給料が低い事がネックになりどうしても二の足を踏んでしまうという声がとても多いです!

なので今回は障がい者枠賃金が上がらない理由とオープンのままの賃金を上げる方法についてまとめていきます!

少しでも良い就職が出来るように参考にしてみてください!

今回の記事の結論

賃金が上がらない理由
1.業務内容に合わせて賃金を設定している
2.正規雇用の求人が少ない
3.最低賃金がベースとなってる。
4.勤務時間が短い
5.最低賃金減額特例

賃金の上げ方、求人の探し方
1.スキル、キャリアアップ
2
.時間を延ばす事
3.正規雇用の求人を探す
4.一般求人から探す

それでは解説していきます!



障がい者雇用の賃金現状

まずは障がい者雇用の現状についてまとめていきます!
障がい別での平均賃金は以下の通りです!※

障がい別平均賃金

身体障がい 21万5000円
知的障がい 11万7000円
精神障がい 12万5000円
発達障がい 12万7000円

ちなみに日本人の平均年収は433万、賞与を除いた平均は369万です!
月収に割り出すと日本人の平均月収は31万ほどとなります!比べるとかなり賃金が低い事が分かりますね!

ただし基本的には各都道府県で定められている最低賃金は厳守です!
障がい者雇用であろうと最低賃金以下の場合は不当ですのでしっかり確認してみましょう!

※今回の結果は「平成30年度障害者雇用実態調査結果」の情報を元にしており少し古い情報ですが、5年周期での調査になるので今年更新すると思いますので新しい情報があれば更新します!

では何故障がい者雇用の賃金が低くなるのでしょうか

障がい者雇用の賃金が低い理由

賃金が上がらない理由は5つです!

1業務内容に合わせて賃金を設定している
2正規雇用の求人が少ない
3最低賃金がベースとなってる。
4勤務時間が短い
5最低賃金減額特例

業務内容に合わせて賃金を設定している

障がい者雇用の求人では、幅広い障がい特性に対応が出来るような難易度の低い業務の求人が多いため賃金が低くなってしまいます。職種や業種によって同じ会社内でも給料が違うものです!
難易度の高い仕事と軽作業では同じ給料という事はないでしょう!

ただし全く同じ仕事であるにも関わらず障がいを理由とした賃金の減額は不当です!そういった場合は労働基準監督署などに相談しても良いでしょう!

正規雇用の求人が少ない

障がい者求人はいきなり正規での採用求人はかなり少ないです!理由としては業務内容の設定が正規としては物足りない、企業側の障がいへの対応が出来ていないなど企業ごと違います。

そのため正規社員に比べると非正規(パート、契約社員等)のほうが賃金は安くなってしまいます!
実際のデータでも正規雇用の割合を見ても

障がい者雇用正規雇用の割合

身体障がい 52.5%
知的障がい 19.8%
精神障がい 25.5%
発達障がい 22.7%

出典:「平成30年度障害者雇用実態調査結果」

身体は半分、知的・精神・発達は8割程度が非正規社員という事になります!

最低賃金がベースとなってる。

前述した通り業務内容の難易度が低くなると最低賃金がベースとなってしまいます。
日本においては最低賃金に関する法律があり、当然障がい者雇用においても最低賃金は保障されていますが、各都道府県で最低賃金は異なるため、最低賃金が低い地域では低くなってしまいます。

自分の住んでいる都道府県の最低賃金を知らないという方は下記から見る事が出来ます。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/
※厚生労働省「地域別最低賃金の全国一覧」

勤務時間が短い

障がいの特性に合わせて勤務時間をフルタイムにしていない方も多いため時給制での雇用の場合は賃金が低くなってしまいます。
1週間で30時間未満の働き方である割合は

30時間未満で働いている人

身体障がい 19.8%
知的障がい 34.4%
精神障がい 52.7%
発達障がい 40.2%

出典:「平成30年度障害者雇用実態調査結果」

障がい特性としても短い働き方をしている方もいるため、多くいることは平均値として低くしている要因ですね!

最低賃金減額特例

最低賃金の制度には特例として最低賃金より少なく雇用しても良いという措置があります!
働く人の能力が基準に達していない場合、労働者の雇用の機会を減らさないようにするための特例です!

しかし会社が労働基準監督署に申請を出し認められる場合のみであるため簡単には出来ませんし障がいがある事のみが理由では特例にはならない為かなり稀なケースですがこんな制度もあります。

上記の5つのような理由から障がい者雇用での給料が低くなってしまっているのです!
では賃金を上げる又は高い求人の探し方にはどういった方法があるのでしょうか

障がい者雇用で賃金を上げる方法

今より給料を上げたいと思ったときにする事は転職またはキャリアアップです!
方法について4つに分けて解説していきます!

給料を上げる方法

賃金の上げ方
1自分自身のスキルアップ
2時間を延ばす事

高い求人の探し方
3正規雇用の求人を探す
4一般求人から探す

自分自身のスキルアップ

まず自分自身のスキルアップをする事が大切です!難易度の低い仕事より高い仕事の方がより求められるスキルが上がる分給料もあがります!その為自分自身のスキルアップをすることは給料アップには必須条件となります!

スキルアップの具体的な方法としては資格取得、同業種の経験をするなどがありますが、資格取得の注意点として目指している仕事に対して必要な資格を取とるようにしましょう!

勤務時間を延ばすこと

フルタイムで働けるようになることで当然給料は上がります!またその後頑張っていれば社員登用という方法で社員に昇格できる可能性もあります!最初は短い時間であっても少しずつ勤務時間を延ばすことを目標にしましょう!

正規雇用の求人を探す

パート、アルバイト、契約社員などの非正規社員より正規雇用の方が給料が高くなります!また賞与や手当などの福利厚生も充実していることも多いのでできそうな仕事の内容であれば正規雇用の求人で検討しても良いでしょう!


注意点としては障がい者雇用といえど正規雇用となれば高いスキルや残業などの責任が必要な仕事や立場を任せられることもあります!このことを考慮して求人選択をしましょう!

一般求人から探す

障がい者求人と比べて一般求人の方が圧倒的に数は多いです!そのため一般求人も忘れずに確認しましょう!良い求人があれば障がいを明かして応募をする事をお勧めします!

障がいを隠して就職活動をするか、明かして就職活動をするかについてはこちらから!

転職活動においてはもっとも有効方法は求人をたくさん見る事です!
その為にはハローワークだけでなく転職エージェントを活用する事が望ましいです!障がい者雇用に特化しているエージェントもありますので活用してみてください!

おすすめの転職エージェントはこちらから

プロと一緒にする転職活動!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

障害者の就職・転職なら【dodaチャレンジ】

身体障がい・内部障がいの方ための転職エージェント【Agent-Sana】

まとめ

今回の記事では賃金が低い理由5つと改善方法4つについてまとめました!

1賃金が低い理由

・業務内容に合わせて賃金を設定している
・正規雇用の求人が少ない
・最低賃金がベースとなってる。
・勤務時間が短い
・最低賃金減額特例

2改善方法

・スキルアップ
・時間を延ばす事
・正規雇用の求人を探す
・一般求人から探す


仕事は賃金だけで選ぶものではないですが、生活のためにはお金は重要なポイントです!
自分に出来そうな賃金アップの方法を見つけてみましょう!ただし無理な転職や労働時間の延長は長くは続きません!しっかり自分の力や体調を考え長く働くことも忘れずにしましょう!

長く働くための力について詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました