こまる

求職者の障がい者雇用

【障害者雇用】就職のためのスキルとは!?おすすめ資格6選!

就職活動をするに当たって、一番わかりやすいアピールは資格です。特に障害者求人では軽作業が多く、ある程度のスキルや経験がないと給料も上がらないのが現状です。 そのため資格を重視している就職活動者は非常に多いです。しかし、どんな資格やスキルが必...
求職者の障がい者雇用

【障害者雇用】通常求人と違う?障害者求人が増えるタイミングを解説!

就職活動を始めようと思った時に求人が少ないと思うことはありませんか?求人が少ないタイミングで初めてしまうと、限られた求人の中から仕事を探すしかありません。 一般的に求人が増えると言われているのは、8月~9月と2~3月いわゆる決算と年度末に掛...
求職者の障がい者雇用

最低賃金引き上げによる障害者雇用への影響は!?今からできること3選

中央最低賃金審議会という会議が開かれて、最低賃金の引き上げの有無や額について検討されます。2023年度は全国で約40円の引き上げをすることに決まりました。 ほぼ毎年、変更がある最低賃金ですが、障害者の雇用にどう関わってくるのか解説をしていき...
スポンサーリンク
企業の障がい者雇用

【障害者雇用】企業の本音と雇用メリットに変える6つのポイント

令和6年に法定雇用率が引き上げや障害者雇用として認められる時間が変わってくるなど、大きな変更が出てきます。 一方で、令和4年度法定雇用率を満たせていない企業は、全国で55,684社。そのうち1名も雇用ができていない企業は60%程度と、障害者...
企業の障がい者雇用

【障害者雇用】合理的配慮はわがまま?企業への伝え方とおすすめ6選

障害者雇用において「合理的配慮」は、働く上でもっとも重要な要素になります。 しかし、合理的配慮の実態は非常に曖昧で、法律としても内容が決まっているわけではなく、本人と企業が話し合って決めるというものです。 その曖昧さが原因で「わがまま」と言...
求職者の障がい者雇用

【障害者雇用】就労継続支援事業所A型を利用するメリット・デメリット3選

【就労継続支援事業所A型】は就職に関わる福祉サービスです。 就職をすることに不安があり、なかなか踏み出せないという方もいます。こうしたお悩みの方に向けた一般就労の一歩手前に【就労継続支援事業所A型】というものがあります。 今回はそもそも【就...
求職者の障がい者雇用

【障害者雇用】給料が上がらない5つの理由と対処法

障害者雇用は障害者に対して、配慮してもらいながら仕事が出来るといった大きなメリットがあり、長く働くことに関して言えば、現状最適な制度です。しかし反対に障害者雇用の最大のデメリットは「給料が低い事」が挙げられ、生活を考えると一般の求人に応募を...
求職者の障がい者雇用

【障害者雇用】面接でアピールできるポイント5選

「就職活動がうまくいかない」または「就職しても続かない」といったお悩みありませんか? 実際このような悩みのある方は多く、「10社応募したけど採用にならない」「1年で5社転職した」などこれまで就職支援をする中数多く見てきました。 特に障害のあ...
求職者の障がい者雇用

【障害者雇用】オープン・クローズどちらが良い?現役就労支援員が解説

就職活動を始めると、障害を明かして働く「オープン就労」か障害を隠して働く「クローズ就労」のどちらで就職活動をするのか悩む方が多いです。 どちらがいいかは正解があるものではありませんが、選択するためには、メリットやデメリットをしっかり理解して...
企業の障がい者雇用

【障害者雇用】A型事業所の「施設外実習」と「雇用」の違いについて

就労系の福祉サービスが活用している制度の【施設外就労】というものはご存じでしょうか。企業にはメリットは多いものの、しっかり理解をしていないと気づかぬうちに納付金を払う必要があることも・・・ 今回は【福祉サービスの施設外就労】の詳細や雇用との...
スポンサーリンク